備忘録と、日々の泡


by tessai-bose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:イベント( 4 )

法王様と私

観音菩薩の化身たる、ジェツン・ジャンペル・ガワン・ロサン・イシ・テンジン・ギャツォ。すなわち、ダライ=ラマ14世猊下の法話と講演に行ってきました。

・猊下は自然体であり、講演の通訳中にあくびをしたり鼻をかんだりおもむろに手を合わせたりする。動きは動物、とくにパンダを思わせる。心身のたぐい稀な一致を思わせる。変な力みがないのだ。もちろん話は知性的でユーモアがある。女に凄くもてそうである。

・猊下は辛子色と赤色の法衣を複雑に巻き付けておられる。ホットドックを髣髴とさせる。同行者はドラゴンボールの修行服といった。いずれ双方に、仏罰がくだるであろう。

・質疑応答の時間に、最高ですか女あらわる。「法王さまぁ~~~~~最高ですかあああ~~~!!」とマイクで絶叫。気違いである。法の華の、残党であろうか。
「わたしは~~~っっ、いつでもぉおさいこおおでえええすううぅ!!」と。幸福というような状態は永続的につづかない、もちろん、解脱して悟りの境地に達すれば別であろうがと、猊下がしれっと受け流す。

・質疑応答の時間に、法王は肉食をやめるべきだという怪しい外人あらわる。菜食主義者らしいが、顔色が悪くやけにふとっていた。

・質疑応答の時間に、関西人あらわる。結婚間近だということで、愛と、仏教で避けるべき執着の違いを尋ねる。愛にはお互いが尊敬できる関係があるというお答え。


座り疲れましたが、最高でした。
f0199129_2036150.jpg

[PR]
by tessai-bose | 2010-06-27 20:36 | イベント

和尚、エステに行く

拙僧、半分ネタでメンズエステに行って参りました。
キム=タクという人がCMしてるところの新宿東口店。

まずは狭い個室に通され、おでこや鼻に小型カメラを当てられて、モニターで月面のクレーターのような黒い大きな毛穴などを確認。「黒ずみ方、凄いですねー」などとスタッフに辱めを受けてから、施術台があるだけの、カーテンで仕切られた細長いスペースに通される。
両脇で野郎が脱毛等していると思うと気持ちが悪い。
上だけ着替えて横になっていると、頭上からベルベットの美声で「どうもはじめまして」と白衣のお姉さんが・・・。

丹念にクレンジングをされてから、しゅわしゅわ泡の洗顔料で洗顔。
人差し指だけを使った超絶テクで、お姉さんが拙僧のあんなふくらみやこんな窪みを執拗にマッサージ。
顔だけど。
洗顔にも美肌にも30年間まったく興味がなかったので、洗顔て気持ちいいのだなと初めて思った。
その後、蒸気を顔にかけられて、毛穴の汚れをスポスポ吸い込むオモシロ吸引器を使い、さらに毛穴を縮める効果があるというビタミン入りのマッサージオイルを顔に塗りたくられる。
それから、人生初パック。
冷たい湯葉を顔に乗せられたようで、大層心地よい。
その上からヨーグルトのようなねっとりした化粧水をドポドポと掛けられる。
マッサージオイル→パックという手順は逆のような気がするが、そうではないのかナ。

7,800円のところキャンペーン価格1,900円のコースが終了し、再度小型カメラで確認してみると、確かに毛穴の汚れが目立たなくなり、肌理が綺麗な碁盤の目のようになっている。
「おーすごいですね」とスタッフに褒められる。まあ、昔からやればできる子なのだ。
その後3時間ぐらい焼き鳥屋で呑みまくってからおでこを触ったら、エステ前の乾燥油肌に逆戻りしていた。
[PR]
by tessai-bose | 2009-11-23 20:30 | イベント

焼き肉と焼き物

連休は湯河原で一泊し、名古屋で二泊した。

名古屋は自分とこが世界の中心と勘違いしているようであり、ミッドランドなるビルを駅前にぶち立て(トヨタのお金)、セントラルパークなどという恥知らずな公園まである。中京、などとうぬぼれている。
が、「やまはん」の焼き肉はうまかった。

岐阜の多治見に織部焼を見に行った。
緑の釉薬がきれいで、大皿とビール呑みを買う。

帰りに上野のコリアンタウンで焼き肉を食べる。
これまたうまかった。
あなたは金賢姫のことをどう思うと、店主が血走った目で肉切り包丁を手に詰め寄ってきた。
それは嘘。
焼き肉はやっぱりおいしい。

湯河原もそうなんだけど、小京都とかいうのもうやめませんか日本の皆さん。
なんとか銀座ってのももうやめい。
多治見にも多治見銀座というのがありまして、夕暮れ時の誰もいないシャッターストリートを大音響でJポップが流れていましてね、まあなんというか悲愴感というか。滑稽と悲惨は紙一重というか。
もっと開き直って、自分とこが世界の中心とうぬぼれるくらいの気概はもってほしいと思う。
[PR]
by tessai-bose | 2009-09-24 22:29 | イベント

カワベ氏

カワベくんが香港から帰国した。
鼻の中にできた茸を摘出する手術をするらしい。
それが意外に大変な手術のようで。

来週土曜日に退院したら回復祝いしようということになる。
マタンゴにならなくてよかったね祝い。
やはり、呑むんだろうなあ。
f0199129_13523100.jpg

[PR]
by tessai-bose | 2009-03-28 13:06 | イベント