備忘録と、日々の泡


by tessai-bose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

和尚、エステに行く

拙僧、半分ネタでメンズエステに行って参りました。
キム=タクという人がCMしてるところの新宿東口店。

まずは狭い個室に通され、おでこや鼻に小型カメラを当てられて、モニターで月面のクレーターのような黒い大きな毛穴などを確認。「黒ずみ方、凄いですねー」などとスタッフに辱めを受けてから、施術台があるだけの、カーテンで仕切られた細長いスペースに通される。
両脇で野郎が脱毛等していると思うと気持ちが悪い。
上だけ着替えて横になっていると、頭上からベルベットの美声で「どうもはじめまして」と白衣のお姉さんが・・・。

丹念にクレンジングをされてから、しゅわしゅわ泡の洗顔料で洗顔。
人差し指だけを使った超絶テクで、お姉さんが拙僧のあんなふくらみやこんな窪みを執拗にマッサージ。
顔だけど。
洗顔にも美肌にも30年間まったく興味がなかったので、洗顔て気持ちいいのだなと初めて思った。
その後、蒸気を顔にかけられて、毛穴の汚れをスポスポ吸い込むオモシロ吸引器を使い、さらに毛穴を縮める効果があるというビタミン入りのマッサージオイルを顔に塗りたくられる。
それから、人生初パック。
冷たい湯葉を顔に乗せられたようで、大層心地よい。
その上からヨーグルトのようなねっとりした化粧水をドポドポと掛けられる。
マッサージオイル→パックという手順は逆のような気がするが、そうではないのかナ。

7,800円のところキャンペーン価格1,900円のコースが終了し、再度小型カメラで確認してみると、確かに毛穴の汚れが目立たなくなり、肌理が綺麗な碁盤の目のようになっている。
「おーすごいですね」とスタッフに褒められる。まあ、昔からやればできる子なのだ。
その後3時間ぐらい焼き鳥屋で呑みまくってからおでこを触ったら、エステ前の乾燥油肌に逆戻りしていた。
[PR]
by tessai-bose | 2009-11-23 20:30 | イベント

秩父

秩父に行ってきました。
清流の流れる深い渓谷に裂かれ、急峻な山々に囲まれた狭い盆地で、ちょっと日本離れした風景でした。
石灰を切り出した跡の白い横縞模様の武甲山の、とんがった山頂がとりわけ目を惹いて。
宿の名は梁山泊。
アウトローの巣窟ではなくて、ただの貧乏民宿ですけどね。
 
朝の温泉の脱衣場
へべれけの親父A 「酒呑むとあたまの回転よくなるよなあ」
親父B 「ほんとそうだなあ」
ややあって唐突に
へべれけの親父A 「けどよう、酒呑んでるとよくない。バカんなっちゃう」
親父B 「ほんとだようなあ」
さて、親父Aの頭の回転は酒でよくなったのか、悪くなったのか。

旅館の送迎バスの運転手が、秩父出身の藤原竜也がスカウトされるために東京にたびたび行っていたと、ちょっと小ばかにした感じで話していた。
スカウトされにいってスカウトされるなんて、スカウトするほうが凄いのか、されるほうが凄いのか。

その話を聞いたからではないけれど、その後入間で藤原主演の「カイジ」を観る。
命やら大金を賭けて、いろんなゲームをやる、その駆け引きが見所の映画。
藤原君は今回は悪い人ではないけど、またイッチャッてる人。
この人、普通の若者の役やれないんじゃないの。
敵役の香川照之もイッチャッてました。二人のヘン顔対戦という観方もありかなーと。

微笑みながら近づいてきていきなり心の深いところを刺してくる、吉田修一の名作『パレード』が来年映画化されるそうで、藤原君も出演するようです。
ルームシェアしている若者たちの話なのですが、普通の若者の皮を彼がいかにうまく被るかが、この映画の成否といえるでしょう。
さて、今回はいい人なのか、やっぱり悪い人なのか。
[PR]
by tessai-bose | 2009-11-09 01:30 | 旅行