備忘録と、日々の泡


by tessai-bose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

法王様と私

観音菩薩の化身たる、ジェツン・ジャンペル・ガワン・ロサン・イシ・テンジン・ギャツォ。すなわち、ダライ=ラマ14世猊下の法話と講演に行ってきました。

・猊下は自然体であり、講演の通訳中にあくびをしたり鼻をかんだりおもむろに手を合わせたりする。動きは動物、とくにパンダを思わせる。心身のたぐい稀な一致を思わせる。変な力みがないのだ。もちろん話は知性的でユーモアがある。女に凄くもてそうである。

・猊下は辛子色と赤色の法衣を複雑に巻き付けておられる。ホットドックを髣髴とさせる。同行者はドラゴンボールの修行服といった。いずれ双方に、仏罰がくだるであろう。

・質疑応答の時間に、最高ですか女あらわる。「法王さまぁ~~~~~最高ですかあああ~~~!!」とマイクで絶叫。気違いである。法の華の、残党であろうか。
「わたしは~~~っっ、いつでもぉおさいこおおでえええすううぅ!!」と。幸福というような状態は永続的につづかない、もちろん、解脱して悟りの境地に達すれば別であろうがと、猊下がしれっと受け流す。

・質疑応答の時間に、法王は肉食をやめるべきだという怪しい外人あらわる。菜食主義者らしいが、顔色が悪くやけにふとっていた。

・質疑応答の時間に、関西人あらわる。結婚間近だということで、愛と、仏教で避けるべき執着の違いを尋ねる。愛にはお互いが尊敬できる関係があるというお答え。


座り疲れましたが、最高でした。
f0199129_2036150.jpg

[PR]
by tessai-bose | 2010-06-27 20:36 | イベント