備忘録と、日々の泡


by tessai-bose
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

【第48回響読】やくざやさん、枯草、糞坊主(P383~P390) 11月9日

目まぐるしく場面が変わっていくこの疾走感。
第三章は休み休みでなく、一気にウオーッと読むのがふさわしいのかもしれません。

しかし、疾走感の体感が可能なのは、現在過去未来ココソコアソコあの人この人その人いい子悪い子普通の子が、緻密なパズルのように構成されているからであって、単に無作為に羅列されているのでは断じてないッ。
そして、マリナ・クズリという一庶民から観た戦争が、この大交響曲にとっての印象的な楽章となって響きます。
[PR]
by tessai-bose | 2011-11-13 23:07 | 筒井関係